世界を舞台に働きたいあなたを応援!即戦力の英語力を身につけよう。

WORK GLOBALLY

海外で働く

【海外で働く】海外移住する前に知っておいてほしいこと - キャリア編

更新日:

オーストラリアについてしかわかりません

オーストラリアしかわかりません。また言語も英語圏のみです。

参考程度にどうぞ。

あなたのキャリアが一からスタートになる可能性あり

日本で実績があっても海外で評価してもらえないケースは多いです。

英語圏で働いた経験があるかまた現地で働いた経験があるかどうかが求められます

日本に住んでいる場合は外資系企業など英語環境で働かない限りこういった経験を積むのは非常に難しいです。

キャリアチェンジしたいのならいいかもしれませんが、皆がそういうわけではないでしょう。

一からやり直すというのは、結構大変なことですよ。

給料も下がる可能性あり

もし一からスタートする場合はそのキャリアの一年目からやり直すことになります。

例えば10年以上その分野で働いている人にとっては大きな機会損失ですね。

30歳で新卒一年目になりますよ。

学校に通うならさらに機会損失が

国の事情で数年間教育機関に通わなければいけないケースがあります。

オーストラリアの場合はほとんどの職種でこれに当てはまります。

高い学費を払わなければいけないのに加え、学業優先になるため働く時間はあまりありません。

また通っている間はあなたのキャリアが停止します。

学費とその期間の不安定な収入を考慮すると、約1年で500万円(適当です)の機会損失です。

2年間のコースに通うなら1000万円の損失。

4年間なら2000万円です。

また卒業後に生活できる保証はありません

長期滞在ならどうしても永住権が必要になりますが、その国の移民局の気まぐれで簡単に状況は変わってしまいます。

例えばオーストラリアの会計士の永住権は現状取得するのがほぼ不可能になっています。

申請者の数が多くそのほとんどが永住権取得に必要な最高点(オーストラリアの独立永住ビザです)を獲得してしまった現在、一からスタートするのは無謀です。

このようなことはどんな職種でもありうることです。

そこまでのリスクを負う覚悟はありますか。

言語の壁

いくら英語を頑張ってもネイティブスピーカーより上手くなることはありませんし、たとえ上手くなってもそれは単なる英語の得意な外国人というだけです。

英語はただの言語です。

英語ができるだけで高給取りになれるわけではありません

英語を使って何をするかということです。

現地の人を雇えば全く問題がないわけです。

また近年は移民制限を計画している国々が多く、自国民、永住権保有者優先の採用が今後加速します。

自国民を置いておいてでもあなたを採用したいと思える人材になるのはどうすればいいんでしょうね。

同じ土俵で戦わない

英語を武器にした仕事は厳しいです。

日本で英語の教師になるのでしたら別ですが。

日本人を武器にした仕事があれば幸運ですが、そんな仕事そうそうありません。

もし同じ土俵で働くなら、現地の方より給料が下がるのはやむを得ない話です。

言語関係なく自分の優位性を保てる分野に自己投資しましょう。

周りの人がまだ手をつけていない分野に取り組むのが一番の手です。今だとAI、オートメーション関係ですかね。私もスマートホーム構築の開発は個人で続けています。

日本で力を付けておく

結局にところあなた自身の専門性につきます。

飛び抜けた実力があればどの国から来た人であっても関係ありません。

できればそれを養ってから海外移住を考えても遅くはありません。

何も考えず海外に飛び出せという記事を見ますが、ただの地獄です。全ての労力の無駄なのでやめましょう。

英語力が上がるとありますが、もし現地の人と同じ仕事をするなら英語はできて当然なのです。できないあなたが悪い。私は英語ができないのでその土俵には立ちません。

日本でできないことが海外でできることはありません。人生そこまで甘くありません。

厳しい話になりますが、残念ながら海外に住む上で日本人というだけで付加価値が得られることはありません。中国語出来る方がよっぽど仕事得られますよ。私も毎日勉強してます。

安定した収入を得つつキャリアを築ける計画を立てることは、決して軽視されることではありません

即戦力の英語はオンライン英会話で鍛える

実際に勉強する英語と会話で使う英語は必ずしも一致しません。そして、どちらか一方が抜けてもそれはただの不完全な英語でしかありません。日本人は6年間義務教育で英語を学習された方がほとんどだと思います。そうであるなら今必要なのは生の英語を使う機会ではないでしょうか。

毎日の忙しい生活の中、スキマ時間を利用できるオンライン英会話は現代の私たちの生活にピッタリです。私はSkypeレッスンのレアジョブを3ヵ月集中的に利用しました。おかげさまでオーストラリアに来る前からある程度英語を使うということに慣れることができました。

海外で働くとなったら、どうしても即戦力の英語が問われます。今から準備しても決して遅くはありません。ぜひ始めてみましょう 🙂

こちらの記事もどうぞ

海外で働くのに最低限必要なスキルをまとめました

Contents1 英語力1.1 学習ポイント1.2 文法軽視はご法度1.3 単語は丸暗記1.4 オンライン英会話の重要性1.5 英語を使うことを恐れない2 海外で通用する専門スキル2.1 プログラミ ...

続きを見る

【海外で働く】海外志向のエンジニアは今すぐ英語で仕事実績を作ろう

Contents1 数をこなしましょう2 言語運用能力の証明3 客観的な専門分野の仕事実績証明4 1と2を組み合わせた実績証明5 即戦力しか求められません 数をこなしましょう 以前も書きましたが、海外 ...

続きを見る

【海外で働く】英語面接ってどんな感じ?こんな感じです 面接編

前回は電話でした。今回は実際の面接編です。 ポジションはアパレル会社オンライン部門が募集しているウェブ開発者です。 文法とか単語間違ってても気にしないで読んでください。雰囲気がわかっていただければと思 ...

続きを見る

【海外で働く】英語面接ってどんな感じ?こんな感じです 電話編

オーストラリアでITエンジニアとして働いています 今ちょうど働き始めて一年です。 一年前は毎日職探しでバタバタしていました。 今回の記事では英語面接というのはどういう感じなのか再現してみます。 電話が ...

続きを見る

海外で働きたいITエンジニアは英語やる前に専門スキルを伸ばすべき

Contents1 働き始めて1年たちました2 中途半端な英語力は無駄3 とにかく英語を使った仕事の実績を作る4 同じ土俵で戦わない5 英語の勉強は専門の勉強をしながら学ぼう6 オーストラリアはIT部 ...

続きを見る

【海外で働く】オーストラリア 仕事探しの流れをまとめました

Contents1 仕事探しの流れを公開2 求人サイトで希望職を探す3 履歴書とカバーレターを作成4 会社からの連絡5 面接対策6 面接7 内定8 内定承諾9 準備が重要 仕事探しの流れを公開 私は昨 ...

続きを見る

英語力ゼロでワーキングホリデー 語学留学は人生の無駄 準備万端でいこう

Contents1 行かないほうが良いでしょう2 あなたの貴重な10~30代を捧げることになります3 旅行準備を始める前に少し考えて4 英語の専門家になる必要はない5 3ヵ月の準備で十分です6 発音・ ...

続きを見る

【海外ブラック企業】オーストラリアにもブラック企業はあります 会社の見極めは慎重に

Contents1 現在の会社で働き始めてから1年が立ちました2 私の妻の場合3 あれ、これってブラック企業の典型例では4 オーストラリアの会社がすべてホワイトではない5 私はラッキーだっただけです6 ...

続きを見る

-海外で働く

Copyright© WORK GLOBALLY , 2018 All Rights Reserved.