世界を舞台に働きたいあなたを応援!即戦力の英語力を身につけよう。

WORK GLOBALLY

未分類

コメディドラマ Seinfeld サインフェルドは英語耳を鍛えるのにおすすめ 飽きません

更新日:

古い人間ですみません

となりのサインフェルド (Seinfeld) - Wikipedia

みなさんBig Bang Theory(ビッグバンセオリー)とかModern Family(モダンファミリー)とか新しいシットコムが好きだと思うんですが、私は断然Seinfeldなんですよ。

どれだけ好きかって言ったらシーズン5のエピソード「Marine Biologist」は100回以上観たくらい。好きです。大好きです。

そもそもSeinfeldとは

1989~1998年にアメリカで放送していたコメディドラマです。

アメリカ・ニューヨークが舞台で、Jelly Seinfeldをはじめとした4人の登場人物をメインに明確なテーマもなくひたすら何かをするドラマ笑

当時のアメリカではフレンズと二強のドラマだったみたいです。フレンズは観たことがないのでコメントできませんが、方向性はずいぶん違うはずです。

これが本当に面白いんですよ。ツボにはまると止まりません。

登場人物


メインの登場人物は4人。
Jelly Seinfeld (本人)
Jellyはコメディアン。基本的には常にドラマの中心にいます。
Elaine Benes (Julia Louis-Dreyfus)
Elaineはキャリアウーマン。以前Seinfeldと付き合っていました。なにかと感覚がおかしい女性です笑
Cosmo Kramer (Michael Richards)
KramerはSeinfeldの隣人。ひたすらクレイジーですね。
George Costanza (Jason Alexander)
GeorgeとSeinfeldは高校来?の友人。Georgeは職を転々としていましたが、最終的にヤンキースのGMになりました笑

とにかくなんでもあり

本当にテーマがあるのか?ってくらい話がコロコロ変わります。

だけど基本は一話完結なので、常に最後に話がつながるんです。

このつなげ方が秀逸なんですよ。

The Marine Biologistのエピソード


私がお気に入りのエピソードはシーズン5の「The Marine Biologist」。
-------
ひょんなことで大学時代の友人Dianneに会ったSeinfeldは、なぜかGeorgeは現在Marine Biologist(海洋学者)をやっていると言いました。
はい、初めから意味わからないですね!続けましょう。
Georgeは大学時代Dianeにぞっこんだったので、落胆させないように海洋学者のふりをしてデートを重ねていきます。
途中でなぜかKramerは海に向かってゴルフをします。
そんな中デートで海辺を歩いているときに人だかりが。なんとクジラが座礁しています。
Dianeを含め周りのはGeorgeにクジラを助けるようお願いします。Marine Biologistですから笑
とにかく何もわからずクジラの口に手を入れてがむしゃらに何かあるか探します。
なんと口に入っていたのはゴルフボール。これ、Kramerが打ったボールだったんです。
-------
意味が分かりませんね!でも楽しいからいいんです。
特に私が笑ったのはここ。
DianneがGeorgeに興味津々でたぶん電話してくるよってSeinfeldが伝えてからの続き。
------
Jerry: Now I should tell you at this point she's under the impression the you are a.....
(Jelly:ここでひとつ言わなきゃいけないことがあって、Dianeは君の・・・に関心を持ってるんだよね)
George: A what?
(George:何?)
Jerry: A marine biologist.
(Jelly:海洋学者)
George: A marine biologist....why am I a marine biologist?
(George:海洋学者・・・なんで俺海洋学者?)
Jerry: I may have mentioned it.
(Jelly:言ったかもしれない)
George: But I'm not a marine biologist!
(George:でも俺海洋学者じゃない!)
Jerry: I'm aware of that.
(Jelly:知ってるよ)
George: So?
(George:それで?)
Jerry: You don't think it's a good job.
(Jelly:良い職だと思わない?)
George: I didn't think it was a job.
(George:海洋学者が仕事だとさえ思わなかった)
Jerry: Oh. It's a fascinating field!
(Jelly:素晴らしい職だよ)
George: What if she calls. What will I say?
(George:彼女電話してきたらなんていえばいいんだよ!)
------
The Marine Biologist - Seinfeld Scripts
http://www.seinfeldscripts.com/TheMarineBiologist.htm
結局Seinfeldはいつもテキトーな感じなんです笑
実はSeinfeld本人もRedditのAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いてね)でThe Marine Biologistが一番のジョークだと言っていました。
Jerry Seinfeld said in an AMA that this is the best joke he ever came up with on Seinfeld - Reddit
https://www.reddit.com/r/videos/comments/4nbf3r/jerry_seinfeld_said_in_an_ama_that_this_is_the/

こんな感じでわけわからないエピソードばかりが100話以上続くんですから観ているほうもたまったもんじゃないですね汗

始まりと終わりはお決まりのスタンドアップコメディ


Seinfeldの真骨頂?

複数回続くエピソードを除き、このドラマは常に始まりと終わりはSeinfeldのスタンドアップコメディなんです。

これが面白い! Seinfeldはジェスチャーが多いので英語そこまでわからなくてもなんとなくわかっちゃうんです。

この「なんとなくわかっちゃう」っていうのはすごく重要なんですよ。

「英語で言っていることが理解できた!」という達成感と満足感につながるからです。

それに加えてSeinfeldはドラマ自体が笑い満載なので、一度観始めたらなかなか止まりません。本当に気をつけてくださいね。

アメリカ英語?大丈夫です

Seinfeldはアメリカのドラマなどでもちろんアメリカ英語。

イギリス英語やほかのアクセントを覚えてたらどうしよう、なんて考えてます?

全然大丈夫です。英語上級者でない限りアクセントなんて気にする必要ありません。

そもそもアクセントを気にする前に英語自体に慣れるのが先ですよ。

むしろアクセントで毛嫌いする人は単純に英語力が足りてないだけです。

アクセントがどうのこうのいうのは英語を上手に扱えるようになってからで全く遅くないんですが、違いますか?

アクセントにこだわっている時間があったら一話でも多くSeinfeld観てくださいね

聴力を鍛えるのは時間がかかります

基礎英語力の一つである聴力を鍛えなければ、結局相手が言っていることがわからないんですよ。

これだと会話が成り立ちませんよね。

英語で話すことに慣れるのに時間がかかるのと同様、英語で聴くことにことに慣れるのにも膨大な時間がかかります。

聴力を鍛えるのに近道はありません。あるとしたら小さいころから英語に触れることですが、これを読んでいる方々の大半は当てはまりません。

一歩一歩やりましょう。確実に力はつきますから。

結局のところ楽しいから観ちゃう。自然に聴力も鍛えます

とにかく楽しいんですよね。コメディは楽しいです。

面白いからもっと観たくなる。面白いからもっとコメディの内容をもっと知りたくなります。

英語力が伸びないわけがないんですよ。だって楽しく学習してますから。

楽しんでやっているときはやっている本人は勉強しているなんて思いません。ただ楽しんでいるだけです。

これが一番言語が上達する最短ルートですよ。

アマゾンプライムビデオで全シリーズ観れます

それで結局どこで観れるの?探してみました。

なんとアマゾンが全シリーズ配信してます。これを逃す手はないですね!

英語耳を鍛えるには断然Seinfeldがおすすめですよ。

聴力を鍛えたい方は以下のリンクからどうぞ!

公式サイト:《Amazonプライム会員登録》

即戦力の英語はオンライン英会話で鍛える

実際に勉強する英語と会話で使う英語は必ずしも一致しません。そして、どちらか一方が抜けてもそれはただの不完全な英語でしかありません。日本人は6年間義務教育で英語を学習された方がほとんどだと思います。そうであるなら今必要なのは生の英語を使う機会ではないでしょうか。

毎日の忙しい生活の中、スキマ時間を利用できるオンライン英会話は現代の私たちの生活にピッタリです。私はSkypeレッスンのレアジョブを3ヵ月集中的に利用しました。おかげさまでオーストラリアに来る前からある程度英語を使うということに慣れることができました。

海外で働くとなったら、どうしても即戦力の英語が問われます。今から準備しても決して遅くはありません。ぜひ始めてみましょう 🙂

こちらの記事もどうぞ

海外で働くのに最低限必要なスキルをまとめました

Contents1 英語力1.1 学習ポイント1.2 文法軽視はご法度1.3 単語は丸暗記1.4 オンライン英会話の重要性1.5 英語を使うことを恐れない2 海外で通用する専門スキル2.1 プログラミ ...

続きを見る

【海外で働く】海外志向のエンジニアは今すぐ英語で仕事実績を作ろう

Contents1 数をこなしましょう2 言語運用能力の証明3 客観的な専門分野の仕事実績証明4 1と2を組み合わせた実績証明5 即戦力しか求められません 数をこなしましょう 以前も書きましたが、海外 ...

続きを見る

【海外で働く】英語面接ってどんな感じ?こんな感じです 面接編

前回は電話でした。今回は実際の面接編です。 ポジションはアパレル会社オンライン部門が募集しているウェブ開発者です。 文法とか単語間違ってても気にしないで読んでください。雰囲気がわかっていただければと思 ...

続きを見る

【海外で働く】英語面接ってどんな感じ?こんな感じです 電話編

オーストラリアでITエンジニアとして働いています 今ちょうど働き始めて一年です。 一年前は毎日職探しでバタバタしていました。 今回の記事では英語面接というのはどういう感じなのか再現してみます。 電話が ...

続きを見る

海外で働きたいITエンジニアは英語やる前に専門スキルを伸ばすべき

Contents1 働き始めて1年たちました2 中途半端な英語力は無駄3 とにかく英語を使った仕事の実績を作る4 同じ土俵で戦わない5 英語の勉強は専門の勉強をしながら学ぼう6 オーストラリアはIT部 ...

続きを見る

【海外で働く】オーストラリア 仕事探しの流れをまとめました

Contents1 仕事探しの流れを公開2 求人サイトで希望職を探す3 履歴書とカバーレターを作成4 会社からの連絡5 面接対策6 面接7 内定8 内定承諾9 準備が重要 仕事探しの流れを公開 私は昨 ...

続きを見る

英語力ゼロでワーキングホリデー 語学留学は人生の無駄 準備万端でいこう

Contents1 行かないほうが良いでしょう2 あなたの貴重な10~30代を捧げることになります3 旅行準備を始める前に少し考えて4 英語の専門家になる必要はない5 3ヵ月の準備で十分です6 発音・ ...

続きを見る

【海外ブラック企業】オーストラリアにもブラック企業はあります 会社の見極めは慎重に

Contents1 現在の会社で働き始めてから1年が立ちました2 私の妻の場合3 あれ、これってブラック企業の典型例では4 オーストラリアの会社がすべてホワイトではない5 私はラッキーだっただけです6 ...

続きを見る

-未分類

Copyright© WORK GLOBALLY , 2018 All Rights Reserved.